小さな家とお金

専門会社の契約で家賃債務保証を受けてみよう

家の鍵

賃貸物件を借りる際には、連帯保証人になってくれる人を見つけなくてはいけませんが、事情があって、家族や親族には連帯保証人になってもらえないという場合、保証会社を利用して、家賃債務保証を受けましょう。
家賃債務保証とは、賃貸契約を結ぶ際に、必要となる親族などの連帯保証人を、保証会社が代わりに連帯保証人になってくれるサービスのことです。保証会社に手数料を払うことによって、保証会社が家族や親族の代わりに連帯保証人となってくれます。
家賃債務保証を結んでおけば、万が一の場合、家賃の滞納があった場合でも保証会社が貸主への立替払いをしてくれます。
家賃債務保証を利用するメリットは、連帯保証人をどうしても見つけられない場合などに、代わりに保証会社が連帯保証人になってくれるので、賃貸契約がしやすくなります。
連帯保証人がいない場合でも、国籍や職業、年齢などに関わらず、自身の責任の範囲で賃貸を借りることが可能となります。ですから、ご高齢の方や外国籍の方、法人の方など、様々な人が賃貸契約を結べるようになるメリットがあります。さらに、貸主の方からすれば家賃の滞納のリスクを減らせるので、借主、貸主の両方にメリットがあります。
是非、保証会社で家賃債務保証を受けてみてください。

Topics

TOP