小さな家とお金

家賃債務保証会社の利用について

四葉のクローバーと家

通常、賃貸住宅を借りようとするときは、連帯保証人を求められます。しかし、近年の社会情勢の変化の中で、高齢者、解雇などの理由で失業して転居を余儀なくされた人や、低所得者、在留外国人などの中には、容易に連帯保証人を引き受けてもらえる人間関係が希薄、もしくは無い人たちが増えています。
そのような人たちのために「住宅確保要配慮者に対する賃貸住宅の供給の促進に関する法律」、通称「住宅セーフティネット法」という法律に基づく家賃債務保証制度というものがあります。これは、国土交通省に登録した家賃保証会社が、賃貸住宅を借りる際の連帯保証人になってくれる制度です。この制度によって、連帯保証人をつけることが困難な人は、比較的安い保証料を支払うことで、住宅の賃貸借契約を結ぶことができます。
必要な保証料は、借りる住宅や家賃保証会社によって異なりますが、一般的には一か月分の家賃を超えることはないようですし、契約更新時の保証料は、初回の保証料よりも若干安く設定されていることも多いようです。いずれにしても契約時には仲介業者から細かい内容の説明を受けて、納得してから契約することが大事です。賃貸住宅を借りる際に連帯保証人の成り手がない人は、この制度により家賃保証会社を利用されることをおすすめします。

Topics

TOP