小さな家とお金

保証会社の必要性と選択するときのポイント

家の形の板

マンションやアパートの賃貸物件を借りる場合、連帯保証人が必要となりますが、その保証人の代わりに家賃を保証してくれるのが家賃保証会社となります。また家賃債務保証とは入居希望者が賃貸住宅の契約を締結する場合、保証会社が借主の連帯保証人に近い役割を果たしてくれる制度です。
家賃債務保証には二種類の異なる形態があり、一つは一般保証型といって借主が家賃を滞納した場合に保証会社が貸主に弁済し、後に保証会社が借主に弁済金を請求する形態。もう一つは借主からの委託により、滞納時でなくても保証会社が貸主に毎月家賃を支払い、立替金を請求する支払い委託型です。
近年では高齢化や家族関係の希薄化により、保証人が確保できない人や保証人を頼みたくないという人が増え、家賃保証会社の必要性が高まり、多くの保証会社が存在する世の中になりました。家賃保証の上限なし、建て替えをしてくれる日数、信託銀行を活用しているかどうかなど、保証会社によって各々特徴があります。
また旅行やギフト券のサービスがある保証会社、病気で入院した時や突発的な出来事で家賃の支払いが遅れてしまった時など、良い対応をしてもらえたなど親身になってくれる保証会社などもあるようです。様々な情報を収集して、あなたにピッタリな保証会社を利用してみてください。

Topics

TOP